政治

防衛局、県の聴取応じずと回答 辺野古承認取り消し

 防衛省沖縄防衛局は17日、翁長雄志知事が米軍普天間飛行場の移設先、名護市辺野古沿岸部の埋め立て承認取り消しに向けて28日の実施を通知した意見聴取に応じないと県に回答した。

 翁長氏は意見聴取の手続きに3週間から1カ月程度かかるとして、10月中にも承認を正式に取り消す意向を示していたが、防衛局の聴取拒否で取り消しが早まる可能性がある。
 沖縄防衛局の担当者は取材に「仲井真弘多前知事による埋め立て承認手続きには瑕疵がないとの立場が理由だ」と述べた。
(共同通信)



関連するニュース







  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス