政治

名護市議会、翁長知事支持の意見書を賛成多数で可決

翁長雄志知事の埋め立て承認の取り消し表明を支持する意見書を賛成多数で可決する名護市議会=18日午後1時、名護市議会

 【名護】名護市議会(屋比久稔議長)は18日、米軍普天間飛行場の移設に伴う名護市辺野古への新基地建設について、前知事の埋め立て承認の取り消しを表明した翁長雄志知事を支持する意見書を賛成多数で可決した。

同時に政府に対し、海底ボーリング調査の中止と移設計画の白紙撤回を求めた。宛て先は内閣総理大臣、外務大臣、防衛大臣など。
 意見書は、県の第三者委員会が前知事の承認手続きに瑕疵(かし)があると認めたと指摘。翁長知事の承認取り消し表明を「県民の民意を体現したもの」だとして支持する姿勢を示した。
【琉球新報電子版】



関連するニュース






  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス