政治

承認取り消し7日以降 辺野古埋め立て

 米軍普天間飛行場の移設に伴う名護市辺野古への新基地建設をめぐる埋め立て承認の取り消しについて、沖縄防衛局が聴聞期日前の29日に回答に当たる「陳述書」を県に提出したことについて、翁長雄志知事は30日、取り消しは聴聞期日に設定した10月7日以降に行う考えを示した。

30日夕、県庁で記者団に答えた。7日以降まで判断を待つ理由について翁長知事は「丁寧に対応した方がいい。法律的な意味合いからもいろいろなことが起こりうるので、慎重を期す」と話した。



関連するニュース






  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス