政治

「島ぐるみ」の呉屋共同代表、辺野古ゲート前で市民激励

市民らを激励する「島ぐるみ会議」の呉屋守将共同代表=1日午前、名護市辺野古

 米軍普天間飛行場の移設に伴う新基地建設計画で、名護市辺野古の米軍キャンプ・シュワブゲート前では1日午前も市民らが座り込みをするなどして抗議行動を続けた。午前9時ごろには、新基地建設に反対する経済人や有識者らでつくる「島ぐるみ会議」の呉屋守将共同代表(金秀グループ会長)が訪れ、市民らを激励した。

 呉屋氏は「翁長雄志知事には早く辺野古の埋め立て承認を取り消してほしいが、しっかり相手(政府)の出方を見ながら対応してもらいたい」と述べた。
 一方、辺野古の海上では沖縄防衛局によるフロート(浮具)設置作業が確認された。【琉球新報電子版】
英文へ→Kanehide Group Chairman energizes Henoko protesters