政治

聴聞欠席「理解に苦しむ」 名護市長

政府の「聴聞」欠席は「理解に苦しむ」と批判する稲嶺進名護市長=8日午前、名護市役所

 【名護】名護市の稲嶺進市長は8日午前の定例記者会見で、県が米軍普天間飛行場の移設計画に関する名護市辺野古の埋め立て承認の取り消しに向けて設定した「聴聞」に対し、沖縄防衛局が欠席したことについて「自分たちで(聴聞をやるべきと)言っておきながら参加しないのは理解に苦しむ」と批判した。

 政府が引き続き移設に向けた作業を進めるとの姿勢を示していることには「知事が取り消すと工事をする根拠がなくなる。(知事の権限を)無視することになる。法治国家に反するのではないか」と指摘した。
 島尻安伊子氏の沖縄担当相就任については「喜ばしいこと」と歓迎した上で、島尻氏が辺野古移設を推進する立場であることに触れ「基地と振興がリンクすることはないようにお願いしたい」と注文した。【琉球新報電子版】



関連するニュース







  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス