<金口木舌>旧正月に思う


社会
<金口木舌>旧正月に思う
この記事を書いた人 Avatar photo 琉球新報社

 昨年12月8日のこと。スーパーに行くと、大量のカーサムーチーが並んでいた。健康や長寿を願い、月桃の葉で包んだ餅(ムーチー)を食べるムーチーの日は旧暦の12月8日。「発注ミス」かと思いきや、違った

▼「新暦もムーチー」。そんなうたい文句で売り出していた。需要創出か。餅好きなので個人的には大歓迎だが、本来のムーチーの日ではない。売れ行きが気になった
▼子どもの頃からサーターアンダギーやポーポーが好きで、沖縄料理も好んで食べた。だが、自分の子どもたちが好きなのはスナック菓子。年中行事の日以外、沖縄料理はあまり食べない
▼昨年3月、県が発表した「食育に関する県民意識調査」。食文化の伝承について「受け継いでいない」は39%で、「受け継いでいる」の34%を上回った。伝統の継承が急務だ
▼偉そうに言いながら、私自身も沖縄料理や郷土料理をあまり作れない。旧正月に思う。大切にしたいからこそ、日頃から親しむためにも、まずは特別な日に伝承を実践したい。手始めはクーブイリチーに挑戦だ。