安里屋ゆんた (あさどやゆんた)

 八重山の古謡。竹富島の安里屋のクヤーマという娘が役人の賄女にと望まれたが、これを拒んだ。役人はその面当てに別の女性を賄女にした。役人の賄婦となるより島の男と結婚し、貧しくても幸せな家庭をつくりたいという内容。


『最新版 沖縄コンパクト事典』2003年3月・琉球新報社発行、2,415円(税込)



関連するニュース







  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス