沖縄県間切島制 (おきなわけんまぎりとうせい)

 1898(明治31)年、間切島規程(間切島吏員及び間切島会の組織職務権限を定めたもの)の公布によって首里・那覇の都市部を除く地方で行われた自治制度。1908年、沖縄県及島嶼町村制(特別町村制)の実施まで10年間行われた。


『最新版 沖縄コンパクト事典』2003年3月・琉球新報社発行、2,415円(税込)