『苔の下』 (こけのした)

 和文学者、平敷屋朝敏(1700~34)により書かれた擬古文物語4篇の中の一つ。実在した遊女、よしやつると某按司をモデルにした悲恋物語。作品には『土佐日記』『伊勢物語』など、多くの本土文芸の影響が見られる。


『最新版 沖縄コンパクト事典』2003年3月・琉球新報社発行、2,415円(税込)