護国寺 (ごこくじ)

 那覇市若狭の波上にある真言宗の寺。開山は大和僧頼重法印で、14世紀後期、察度王代の創建。古くは国王の祈願所で、旧名安禅寺、海山寺とも称する。尚泰久王代に梵鐘(大安禅寺の鐘=現存)が掛けられた。幕末には外人接見所ともなった。


『最新版 沖縄コンパクト事典』2003年3月・琉球新報社発行、2,415円(税込)



関連するニュース







  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス