謝花昇 (じゃはな・のぼる)

 1865~1908(尚泰18.9.28~明治41.10.29) 行政官、社会運動家で沖縄の自由民権運動家。島尻郡東風平間切生まれ。第1回県費留学生として帝国農科大学に学ぶ。帰県し県技師として農政を担当。『沖縄糖業論』を著す。しかし杣山払い下げ問題をめぐり、時の奈良原県知事と対立し、県庁を去る。上京して当山久三らと参政権運動に当たる。『沖縄時論』を刊行し、論陣を張るが門閥の圧力で挫折、狂死する。


『最新版 沖縄コンパクト事典』2003年3月・琉球新報社発行、2,415円(税込)