柔遠駅 (じゅうえんえき)

 明朝が、遠人を懐柔する国策に基づいて設置したもので、初め泉州に市舶司が置かれ「来遠駅」と呼ばれたが、1469年、福州に移され名前も「柔遠駅」と改められた。福州琉球館と呼ばれ、琉球の中国への窓口であった。廃藩置県まであった。


『最新版 沖縄コンパクト事典』2003年3月・琉球新報社発行、2,415円(税込)



関連するニュース







  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス