接貢船 (せっこうせん)

 進貢船が出た次の年に出航する船。琉球と中国の交易は進貢貿易と呼ばれ、琉球からは1年置きに進貢船を派遣したが、尚貞王代、貢使迎えの名目で貢船1艘増やすことが許された。これにより毎年進貢する形となり、より実績を上げた。


『最新版 沖縄コンパクト事典』2003年3月・琉球新報社発行、2,415円(税込)



関連するニュース







  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス