ベトナム難民 (べとなむなんみん)

 1975年4月、南ベトナム解放に伴い、旧政権側の軍人、その家族らが国外に脱出。沖縄にも同年5月、安謝新港に32人が初めて到着した。78年8月、日本赤十字社県支部は本部町に難民の一時収容施設を設置した(87年閉鎖)。


『最新版 沖縄コンパクト事典』2003年3月・琉球新報社発行、2,415円(税込)