馬艦船 (まーらんせん)

 近世中期以後に、沖縄本島内および先島を往来した中国式ジャンク船。(マーラン)は中国語。先島への御用船は12反帆の大型であったが、普通は5~8反帆。足が早く、海上を馬のように走ったことからこの名がついた。


『最新版 沖縄コンパクト事典』2003年3月・琉球新報社発行、2,415円(税込)



関連するニュース







  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス