世の主 (よのぬし)

 『おもろさうし』に見え、本来は在地首長である按司の呼称であったが、第1尚氏王朝成立後は、国王の呼称にも転化して用いられる。対外的にも認知された呼称であり、室町幕府側が外交文書上で使用した例も存在する。


『最新版 沖縄コンパクト事典』2003年3月・琉球新報社発行、2,415円(税込)



関連するニュース







  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス