社会

【写真・動画】近くで見る「交尾虫」「愛の虫」 沖縄本島で大発生

大量発生した「交尾虫」=2021年4月21日、沖縄本島中部

 交尾をしたまま飛び回る「交尾虫」と呼ばれる虫。正体は「ヒイロトゲナシケバエ」とみられる。従来は、台湾などで確認されていたが、近年では沖縄本島でも飛ぶ姿が目撃されるようになった。海外では「ラブ・バグ(愛の虫)」「ハネムーン・フライ(新婚旅行バエ)」などロマンチックな名前で呼ばれることもあるという。

【詳しい記事はこちら】




▼<写真特集>沖縄の巨大な生き物たち 見た!釣った!捕まえた!

▼国内最大オオムカデの新種、143年ぶり確認 水中にも生息

▼ゴジラ、沖縄上陸? 沖縄・今帰仁の国道に立つ

▼新種の「G」は青かった? ウスオビルリゴキブリ

▼ゴキブリに寄生する冬虫夏草、ターゲットは新婚夫婦?



関連するニュース







  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス