社会

沖縄、西の夜空に謎の発光体 放射状に輝く物体はUFO?

うるま市の浜比嘉島で撮影された発光体=9日午後9時10分ごろ(棚原竜也さん提供)

 9日午後9時10分ごろ、沖縄本島の西の空で放射状に輝く謎の光が確認された。沖縄県うるま市浜比嘉島で「413はまひがホテル&カフェ」を営む棚原竜也さん(50)は、庭で子どもたちと花火をしている最中に目撃した。「最初はUFOかと思った。ゆっくり上がっていく様子がきれいで、子どもたちと一緒に見られたので良かった」と語った。


 棚原さんによると、光は西から北へゆっくりと上昇していった。SNSに写真や動画を投稿すると、「円盤。UFOだと信じたいです」「何だこれ。ミステリー」などのコメントが寄せられた。

 謎の発光現象は、同日中国の打ち上げた大型ロケットが放出した物質の発光によるものとみられる。同様の現象が2018年1月18日、宇宙航空研究開発機構(JAXA)の小型ロケット「イプシロン」3号機の発射時に確認されている。



 

▼沖縄に富士山!? 雨上がりの塩屋湾、自然が描く巨大絵巻…

▼【写真】スーパームーン月食の夜、サンゴ大量産卵 宇宙と海が響き合う

▼ゴジラ、沖縄上陸? 沖縄・今帰仁の国道に立つ

▼「マグロが海に落ちている」70キロの大物、ドライブの夫婦が発見、素手で生け捕り

▼【動画と写真】1週間ぶりに海に帰る巨大カメ 「亀仙人」や地域の人に見守られ

▼路上で眠るメジロ、ジョギング男性が肩に乗せ「救出」 元気に空へ

▼赤い満月、海中道路に浮かぶ

 



関連するニュース








  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス