くらし

宿題終わって水遊び 夏休み終盤、きょう処暑

水遊びを楽しむ家族連れら=22日、沖縄市倉敷ダムのヤンバルノムイ

 23日は二十四節気の一つ「処暑」。暑さが和らぎ朝夕は涼しくなり始め、秋の気配が感じられるとされる。一方、沖縄気象台によると、沖縄地方は22日、台風19、20号の発生によって南から暖かい空気が入り込んだ影響と晴れ間が重なり、28観測地点全てで最高気温30度以上の真夏日となった。

 沖縄市の倉敷ダムでは22日、青空の下で水遊びをする親子連れや、学童の児童らの姿が多く見られた。与那覇竜信さん(36)=うるま市=は妻・満智子さん(36)、息子・竜満君(6)、娘・愛恵ちゃん(2)、めいの山城彩愛さん(6)と訪れた。竜満君は「水泳が得意なので水遊びが大好き。宿題もほとんど終わったので思いっきり楽しんでいる」と笑みをこぼした。

 沖縄気象台によると、向こう一週間は、湿った空気の影響で曇りや雨の日が多く、最高気温も平年より低い見込み。