ハワイ沖縄プラザの落成を記念するファッションショー・琉球王朝絵巻=26日、那覇市の県男女共同参画センターてぃるる(実行委員会提供)

 沖縄とハワイをつなぐ新たな活動拠点「ハワイ沖縄プラザ」の落成を前に、ハワイ沖縄プラザ落成記念沖縄実行委員会は26日、那覇市の県男女共同参画センターてぃるるで記念チャリティーファッションショー琉球王朝絵巻の壮行公演を行った。ショーは9月3日の落成式典の翌日、現地でも披露し、ハワイ県系人に戦後の沖縄を救った感謝を伝える。

 服飾デザイナーの山内光子実行委員長(マドンナ代表)が手掛けた琉装やかりゆしウエアなどを披露する演目で、沖縄文化の継承と発展を願い、落成を祝った。

 ショーは琉球王朝を題材にした衣装を身にまとったモデルが国王や王妃を演じ、舞台を鮮やかに彩った。また、空手演武やフラダンスなど100人以上が出演した。

 山内委員長は「県系人や沖縄の人のルーツである琉球王朝の文化を発信し、継承につなげたい」と語った。