政治

シールズ琉球、辺野古で集会 「新基地、世界の命を奪う」

全国一斉行動「NO base 緊急辺野古アピール」で名護市辺野古への新基地建設反対の声を上げるシールズ琉球のメンバー=14日午後1時すぎ、名護市辺野古の米軍キャンプ・シュワブのゲート前

 【辺野古問題取材班】若者たちの団体「SEALDs RYUKYU(シールズ琉球)」は14日、名護市辺野古の米軍キャンプ・シュワブゲート前で、米軍普天間飛行場の移設に伴う新基地建設に反対する集会を開いた。翁長雄志知事や県民の多数が反対する中で、政府によって新基地建設が強行されようとしていることを「民主主義の否定」と位置づけ、歌やコールで反対の声を上げた。

 シールズ琉球の玉城愛さん(21)=名桜大3年=は「沖縄は戦後70年を経ても差別を受け、不平等な状態に置かれている。新たな基地ができれば戦争につながり、世界の人たちの命を奪う。県民だけの問題ではなく、日本全体で考えるべきだ」と訴えた。
 辺野古移設反対をアピールする全国一斉行動「No base 緊急辺野古アピール」の一環。同日は東京のシールズが新宿アルタ前で午後2時半から、シールズ東海は午後5時から名古屋駅西噴水広場で集会を開く。シールズ関西は13日に集会を開いた。
 【琉球新報電子版】