<金口木舌>ハワイとの縁

 米国のSFドラマ「スタートレック」は未来の宇宙を舞台に地球人と異星人たちの交流を描く。日本ではクイズ番組に用いられたテーマ曲も有名だ

▼美しい高音のトランペット・フィーチャー曲を吹いたのはメイナード・ファーガソン。ジャズ奏者で映画「ロッキー」のテーマ曲でも名高い。そんなジャズのレジェンドも顔負けの若い才能が競う舞台があった
▼東京で開かれた山野ビッグバンドジャズコンテストのことだ。2年連続出場の琉球大が昨年を上回る25位に入った。8本のサックスという編成で盛り上げた。審査員のトランペッター・エリック宮城(みやしろ)さんはエンターテインメント性を高く評価した
▼ハワイ出身の宮城さんは県系だ。ファーガソンにも師事した。超高音を駆使する演奏家として知られる。琉球大の学生に「祖父がハワイに渡ったんだよ」と語り掛けた。沖縄にルーツを持つ第一人者と沖縄の若い奏者たちとの交歓だった
▼ハワイに県系人の新拠点「ハワイ沖縄プラザ」が完成し、きょう式典がある。沖縄からの建設募金は目標を上回る1億円超。1899年に沖縄から初のハワイ移民が渡って以降の歴史に刻まれることになる
▼「スタートレック」は22世紀以降の宇宙世界が舞台だ。100年、200年後の世界はどのようになっているのだろう。互いを思い合う県系人と沖縄の物語は世紀を超えて末永く紡がれる。



関連するニュース







  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス