社会

冬至なのに、沖縄県内で夏日 青空の下、正月田芋の収穫ピーク

青空の下、田芋の収穫作業に励む農家=22日午前、宜野湾市大山(ジャン松元撮影)

 二十四節気の一つ「冬至」の22日、本島地方と先島諸島は各地で夏日となるなど、寒さとは縁遠い一日となった。宜野湾市大山では正月用のターンム(田芋)収穫が最盛期を迎え、農家が作業に汗を流した。

 「冬至」は一年のうちで夜が最も長く、沖縄ではこの時期の寒さを「トゥンジービーサ(冬至の寒さ)」と言い、トゥンジージューシー(冬至雑炊)を火の神や仏壇に供える風習がある。

 本島地方と先島諸島はこの日、前線や湿った空気の影響で曇りがちだったが、強い日差しも照り付けた。最高気温は北大東村で26.8度、那覇市内でも25.6度を記録するなど、11月上旬並みの暖かさとなった。

 宜野湾市大山の畑では又吉正彦さん(63)が青空の下、ターンムの収穫作業に励んでいた。又吉さんは「今年はまずまずの収穫」と、額の汗をぬぐいながら話した。



関連するニュース






  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス