社会

沖縄、新たにコロナ感染2人 QAB社員、県が確認し計151人に

新型コロナウイルスの電子顕微鏡写真

 沖縄県は19日、県内で新型コロナウイルスの新たな感染者が2人確認されたと発表した。うち1人は18日に琉球朝日放送が発表した社員の感染者のため、県内の累計感染者は1人増えて151人となった。36件をPCR検査した。

 19日に米側から県に入った連絡によると、米軍関係者の新たな感染者はいなかった。米軍関係者の感染者は計143人となっている。【琉球新報電子版】



関連するニュース








  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス