社会

糸満・与座の壕でも遺骨2体見つかる 日本兵?水筒に「川名」

「沖縄蟻の会」が収集した沖縄戦戦没者の遺骨=2月、糸満市与座(南埜安男さん提供)

 沖縄戦戦没者の遺骨収集活動に取り組む「沖縄蟻の会」の会員が2月下旬、糸満市与座の第24師団司令部壕で2人分の遺骨を見つけた。一緒に「川名」という姓が彫られた水筒が見つかったため、同姓の日本兵の可能性がある。遺骨は2月28日に県平和祈念財団戦没者遺骨収集情報センターが収集した。今後は国が身元確認のDNA鑑定を実施するか期待がかかる。

 沖縄蟻の会の南埜安男さんによると、遺骨は下顎に歯が1本残っており、大腿骨はきれいな状態で残っている。一緒に見つかった水筒は「モ 三ノ二ノ四 川名」と彫られている。

 歯などはDNA鑑定の対象となっており、記名のある遺留品もあることから、戦没者遺骨の身元特定につながる可能性がある。

 南埜さんは「川名姓の戦没者の遺族にDNA提出を求めれば遺骨返還につながるのでは」と期待した。

▼糸満・陣地壕で戦没者遺骨8体見つかる、2体は子どもか

▼【動画】67歳具志堅さんハンスト、「人の心を…」訴え

▼遺骨探し出す具志堅さんに同行「重機ではできない」

▼なぜ遺骨を掘り続けるのか 具志堅隆松さんに聞く

【漫画で伝える沖縄戦】震える少女は私、運命分けたガマ…



関連するニュース







  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス