社会
新型コロナウイルス感染症

沖縄で新たにコロナ感染140人 過去3番目の多さ

新型コロナウイルスの電子顕微鏡写真(米国立アレルギー感染症研究所提供)

 県は8日、10歳未満から90代までの140人が新たに新型コロナウイルスに感染したと発表した。7日の155人に次いで過去3番目に多い。累計は1万334人となった。

 県の糸数公医療技監兼保健衛生統括監は、1人の感染者が平均何人にうつすかを示す指標「実効再生産数」は前週より改善しているとしたが「日々の数字は逆に伸びている。全国的にも予想を超えて伸びているところがある。変異株やその他の要因が関係するか見ているところ」と述べた。

 新規感染者140人の居住地別は那覇市47人、沖縄市15人、中部保健所管内14人、宜野湾市11人、浦添市と南部保健所管内が各9人、うるま市8人、名護市6人、豊見城市と糸満市が各5人、南城市と北部保健所管内が各4人、宮古島市3人。

 39人が接触感染と推定され、職場16人、家庭内14人、知人・友人5人、施設2人、飲食1人、その他の接触が1人。残り101人は調査中。

 直近1週間の人口10万人当たりの新規感染者数は48.81人で、これまでで最も多くなった。全国では大阪府に次いで2番目。

 米軍関係の新規感染者は11人。内訳は嘉手納基地4人、キャンプ・ハンセン3人、普天間飛行場とキャンプ・フォスターで各2人だった。累計は1205人となった。

 

【関連するニュース】

沖縄まん延防止適用 政府方針、県も要請へ 

コロナ増加、県の想定超える速さ 飲食から家族に

沖縄のコロナ死亡率、90代以上は20%



関連するニュース







  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス