社会

【特報】収賄容疑で下地・前宮古島市長を逮捕

 沖縄県警捜査2課は12日午後、贈収賄の容疑で前宮古島市長の下地敏彦容疑者(75)と業者代表の男を逮捕した。

 捜査関係者によると、宮古島市内の公共事業を巡る用地選定の際、業者に便宜を図る見返りに現金少なくとも数百万円を受け取った疑いがあるという。下地容疑者らは金銭授受の事実関係について大筋で認めているという。

【関連記事】

▼肌着姿で就任式 下地新市長が宮古島市の再生訴える

▼前市長の容疑は650万円収賄 贈賄側は千代田CC元社長

▼宮古島市長、千代田CC活用を打診 陸自配備めぐり防衛省関係者らに

▼【深掘り】宮古陸自受け入れ 市長、「千代田」で変節

▼下地宮古島市長 職員とオトーリ懇親 台風8号特別警報下



関連するニュース







  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス