社会

宮古島前市長の自宅や市役所を捜索 贈収賄事件で沖縄県警

逮捕された下地・宮古島前市長の自宅を捜索する沖縄県警捜査員ら=13日正午ごろ

 沖縄県宮古島市への陸上自衛隊配備計画をめぐり、前宮古島市長の下地敏彦容疑者(75)と千代田カントリークラブ(CC)の元社長の男が逮捕された贈収賄事件で、沖縄県警捜査2課は13日午前、宮古島市内の敏彦容疑者の自宅の家宅捜索に着手した。正午ごろ、段ボールを抱えた捜査員十数人が敏彦容疑者の自宅内に入った。同日午後5時半には、宮古島市役所への捜索も始まった。

 県警は12日、同市上野野原の千代田CC所有の土地を国に売却できるよう、前市長が便宜を図った見返りに現金約650万円を授受したとして、両容疑者を逮捕している。

【関連記事】

▼肌着姿で就任式 下地新市長が宮古島市の再生訴える

▼元市長「ゴルフ場取得」何度も念押し…防衛省「南西シフト」の水面下

▼宮古島市長、千代田CC活用を打診 陸自配備めぐり防衛省関係者らに

▼【深掘り】宮古陸自受け入れ 市長、「千代田」で変節

▼下地宮古島市長 職員とオトーリ懇親 台風8号特別警報下



関連するニュース







  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス