社会

沖縄島南部に大雨、洪水警報 中南部に土砂災害警戒情報も 南城市糸数で1時間73ミリ(6月17日夜)

大雨・洪水警報が発令される中、冠水する道路を進む車両=17日午後11時15分ごろ、那覇市首里(大城直也撮影、一部画像を加工しています)

 17日夜、沖縄本島の南部に1時間に50ミリを超える非常に激しい雨が降った。気象庁によると、午後10時35分、南城市糸数で73・0ミリを観測した。那覇市では午後11時6分、雷を伴い61・0ミリとなった。

 沖縄気象台は午後10時46分時点で、那覇市や南城市などに大雨、洪水警報を発表し、土砂災害や低い土地の浸水、河川の増水に警戒するよう呼び掛けた。中城村にも午後11時44分に大雨警報が出た。午後9時すぎには宜野湾市宜野湾にある市道宜野湾11号の一部が冠水し、通行止めになった。

 気象台は、沖縄島中南部にかけて土砂災害警戒情報として、那覇市と浦添市、南城市、中城村、西原町、与那原町、南風原町、八重瀬町に「警戒対象地域では土砂災害の危険度が高まっている」と、土砂災害の発生しやすい地区に住んでいる人に早めの避難を心がけるように呼び掛けた。

 18日は本島中南部と北部で、梅雨前線の影響によって所により激しい雨が降る見込み。


冠水した道路で車を引き返させる警察官=17日午後9時40分すぎ、宜野湾市

冠水した道路で車を引き返させる警察官=17日午後9時40分すぎ、宜野湾市

【関連記事】

▼【動画】沖縄各地で豪雨 歩道の擁壁崩れ、通行止め 渡嘉敷は6月の最大更新

▼沖縄市などに大雨「レベル4相当」警報 夕方まで厳重警戒を(6月15日朝)

▼【アルバム】きょうの沖縄 早朝から各地で大雨 / 朝ドラで新たな配役発表(2021年6月15日)

▼「まぎー!」巨大バナナに驚きの声 宜野湾市「ハッピーモア市場tropical店」



関連するニュース







  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス