政治

「普天間飛行場をぜひ山形へ。観光資源に」 玉城県議のSNS投稿に批判

沖縄県議会(資料写真)

 山形空港に14日緊急着陸した米軍横田基地の輸送機CV22オスプレイの見物客で混雑していると、山形県が見物を控えるようツイッターで呼び掛けたことを受け、玉城健一郎県議(てぃーだ平和ネット)が「普天間飛行場をぜひ山形へ。山形空港の新たな観光資源になるのでは」などとリツイートしていたことが22日、分かった。同日の県議会本会議で島袋大県議(沖縄・自民)が問題視し、赤嶺昇議長に対応を求めた。

 18日の山形県のツイートを受け、玉城氏は19日に「普天間飛行場をぜひ山形へ。オスプレイだけでなく、様々な軍用機が観れるし、頻繁に外来機の戦闘機も飛来します。オスプレイだけで混雑する山形空港の新たな観光資源になるのでは」と投稿した。ツイッター上だけでなく県議会事務局などにもメールや電話で数件批判が寄せられたという。

 玉城氏は報道陣の取材に「沖縄の基地負担を考えるきっかけにしたかった」と投稿の意図を説明した上で、「表現が至らず、そこが伝えられなかったところは反省したい」とした。

【こちらも読まれています】

▼ハワイ視察の旅費、1人72万円 浦添副市長らが土地公社業務

▼与那原町が水道料金317万円二重徴収 町職員の操作ミス、返還へ

▼市民目線が変貌、「宮古の王」に 国とのパイプで影響力増大

▼女性蔑視「許しがたい」 森氏発言 県議会、与野党とも批判



関連するニュース







  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス