社会
沖縄戦77年

沖縄、慰霊の日 涙雨に包まれた島に鎮魂の祈り 戦後76年

礎を訪れ手を合わせる家族=23日午前8時過ぎ

 沖縄戦の組織的戦闘が終結し、76年となった23日の「慰霊の日」。新型コロナウイルスの感染拡大防止のための緊急事態宣言が発令される中、各地の追悼式や慰霊祭は中止や規模縮小に追い込まれるなど例年とは異なる形で迎えた。それでも体験者や遺族らは、密を避けながら糸満市内の慰霊碑や平和祈念公園などを訪れ、手を合わせ、花を手向けた。涙雨がこぼれ落ちる島は、鎮魂と平和の祈りに包まれている。


礎に刻まれた名前にお酒をかけて清める遺族=23日午前6時30分ごろ、糸満市摩文仁の平和祈念公園(大城直也撮影)

 島々で20万人余の命が奪われ、壮絶な地上戦となった沖縄戦。県内で最も早く慰霊碑が設置され、身元不明の遺骨が多く収められていた糸満市米須の魂魄(こんぱく)の塔には、この日も朝早くから多くの人が訪れ、戦没者を追悼した。親族6人で訪れた男性は防衛隊だった祖父を亡くした。「沖縄戦の時は暑くてのどが渇いていたから」と氷や酒をささげた。

 激戦地となった糸満市摩文仁の平和祈念公園にある平和の礎(いしじ)。国籍や敵、味方を問わず、沖縄戦などで亡くなった24万1632人の名前が刻まれている。

 子どもや孫らと訪れ、刻銘された夫の両親らの名前をなぞった宮城正子さん(79)=那覇市=は沖縄戦でけがを負った母親と一時的に引き離された経験がある。「孫たちに同じような思いはさせたくない。戦争は絶対に駄目よ」と声を震わせ、涙をぬぐった。


平和の火に手を合わせる戦没者の玄孫ら=23日午前8時ごろ、糸満市の平和祈念公園

 コロナ禍の慰霊の日は昨年に続き2度目。ただ、昨年の6月23日の新規感染者はゼロ、その日までの感染者数累計は143人だった。一方、今年は新規感染者が300人を超える日もある。沖縄全戦没者追悼式は参列者を約30人に絞るなど大幅な規模縮小を余儀なくされた。この状況下で、例年に比べ23日は平和祈念公園に来場する人も少ない。

 家族10人全員を沖縄戦で亡くした父の代わりに訪れた女性(80)は、摩文仁の丘から雨天と海を眺め「今年は波の音が寂しく聞こえる」とつぶやいた。

 今年、平和の礎に新たに父親の名前が刻銘された宮里アキ代さん(72)=那覇市=はこの日は平和祈念公園に向かわなかった。「式典の来場制限もある。父の名に触れてみたい思いもあるが、落ち着いてから行きたい」と語った。

 新型コロナが大きな影を落とす中、人々はできる限りの方法で、それぞれの形で戦没者に思いをはせた。

【関連ニュース】

▼沖縄「慰霊の日」なぜ6月23日?実は紆余曲折の歴史が…

【#慰霊の日に聴きたい歌】強かったあの名曲 ISSAさんオススメの1曲は?

沖縄戦写真「カラー化は76年越しの会話」…ツイート男性が感じるパラレルワールド

「ひめゆり」だけではない…沖縄の元学徒、コロナ禍の危機と新しい継承のカタチ

▼【クラウドファンディング】白梅之塔の周辺環境を修繕・整備したい!プロジェクト

▼【特設サイト】沖縄戦を知っていますか?



関連するニュース







  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス