政治

沖縄で半導体産業「十分にできる」 河野沖縄相が持論を展開

沖縄での半導体製造について前向きな姿勢を示した河野太郎沖縄担当相=9日、東京

 【東京】河野太郎沖縄担当相は9日の会見で、沖縄の日本復帰前に米大手の進出計画があった半導体メーカーの誘致について、「沖縄でも十分にやっていける」との認識を示した。

 河野氏は、半導体大手テキサス・インスツルメンツ(TI)が1972年の復帰前に沖縄に拠点開設を計画していた点を踏まえ、「物流コストの占める割合が相対的に小さいものについては、沖縄でも十分にやっていける」と持論を述べた。

 世界の半導体市場で存在感を示している台湾の例を挙げ、「台湾のメーカーが頑張って供給している部分がある」と指摘。「沖縄は東京から遠いかもしれないが、アジアには日本で一番近いという地理的条件もある」と沖縄のアジア市場での優位性を強調した。

 河野氏は、6月14日の衆院沖縄北方特別委員会での屋良朝博氏(立民)への答弁でも、「沖縄では半導体関係の産業の集積が少しずつ出てきている」と説明。「物流コストが大きくない産業というところにも、しっかり着目をする必要がある」として前向きな姿勢を示していた。

【関連ニュース】

▼米半導体の沖縄進出、日本政府意向で消える

▼「沖縄に外資進出」止めた理由は…細田元官房長官に聞く

▼「沖縄の未来、全て泡に」元琉球政府関係者も証言

▼若年層の妊娠「褒められる話ではない」河野沖縄相が独自論

▼河野沖縄相、基地で「中高生の英語力トップに」



関連するニュース







  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス