社会

台風6号が先島で停滞、暴風続く 宮古島で1530戸停電(23日未明)

漁港の岸壁を越えて押し寄せる波=22日午後5時47分、宮古島市平良の高野漁港

 気象庁によると、大型で強い台風6号は22日午後9時現在、宮古島の南南東約150キロの海上にあり、ほとんど停滞している。台風は今後、発達しながら北西に進み、23日未明には中心の気圧が950ヘクトパスカル、同日午後には940ヘクトパスカルの非常に強い台風に発達する見込み。24日にかけて非常に強い勢力のまま先島諸島にかなり接近すると見られる。宮古島市では最大瞬間風速31・0メートルを記録した。

 22日午後9時現在の台風6号の中心気圧は955ヘクトパスカル、中心付近の最大風速は40メートル、最大瞬間風速は60メートル。半径130キロ以内は風速25メートル以上の暴風域に、半径500キロ以内では風速15メートル以上の強風域になっている。


 台風は先島諸島にかなり接近し、24日にかけて宮古島と八重山地方で猛烈な風が吹き、一部の住宅が倒壊するおそれがある。沖縄電力の調べによると22日、宮古島地方で午後3時に最大1530戸、八重山地方では午後4時に最大60戸が停電した。強風の影響で、沖縄本島で延べ2190戸が停電した。

 23日に予想される最大瞬間風速は先島諸島で65メートル、沖縄本島地方で35メートル、大東島地方で25メートルとなっている。

 先島諸島では23日にかけて、多い所で1時間に70ミリ、沖縄本島地方では23日に多い所で1時間に60ミリの、非常に激しい雨が降るおそれがある。先島諸島と沖縄本島地方では、土砂災害や低い土地の浸水、河川の増水や氾濫に厳重に警戒するよう呼び掛けている。先島諸島では24日にかけて、沖縄本島地方では25日にかけて警報級の大雨となるおそれがある。

 沿岸の海域ではうねりを伴い、先島諸島では猛烈なしけ、沖縄本島地方では大しけとなっている。先島諸島と沖縄本島地方では、25日にかけて猛烈なしけや大しけが続く見込み。海上や海岸付近では、うねりを伴う高波に厳重に警戒するよう呼び掛けている。

 大東島地方では、24日にかけてうねりを伴う高波に十分注意するよう呼び掛けている。


【関連記事】

▼【写真特集】停電、冠水、倒木…遅い台風6号 沖縄直撃(7月23日)

▼【写真特集】なぎ倒されたカーブミラー、倒れた木…(7月21、22日)

▼台風6号のろのろ、なぜ?沖縄気象台に聞く

▼【写真特集】沖縄、過去の最強台風を振り返る 風速80メートル超は2回

▼4連休初日、台風で人出まばら 大型店はにぎわいも

▼台風襲来!そのとき沖縄県民は…居酒屋で「ヘクトパスカル」?

▼台風勢力のバロメーター!? ユニオンに台風接近時の営業判断を聞いてみた

▼沖縄県民のシーチキン愛なぜ?「ツナの恩返し」も



関連するニュース







  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス