スポーツ

平良海馬、五輪登板は「紅白戦」? サヨナラ呼んだ火消しの5球

ドミニカ共和国戦の七回途中から登板した平良=福島県営あづま球場

 ◆日本4-3ドミニカ共和国(28日・東京五輪1次リーグA組)

 日本が2点を先制された七回表、2死一、二塁で依然ピンチが続く。これ以上離されたくない場面で、救援の平良海馬が初めて五輪のマウンドに立った。胸には「JAPAN」の文字。「何も緊張せずに投げることができた」。

 21歳の表情は、いつもと同じようにきりっと引き締まっていた。

 初球。低めの変化球でファウルを誘い、ストライクを稼ぐ。次も小さく球を動かして空振りを奪う。カウント1―2からの5球目、再び低めにコントロールした変化球を投じ、遊飛に打ち取って悪い流れを断ち切った。

 出番はこの打者1人のみ。サヨナラ勝ちという劇的な結末を呼び込むために一役買い「中継ぎとしての仕事はできた」とうなずく。大舞台でも「(無観客で)紅白戦をやっているような感じ」とずぶとい神経をのぞかせる平良。「次は1イニング全部いきたい」と頼もしい。プロ野球の連続無失点記録を塗り替えた右腕がうずいている。

 

【関連記事】

▼「金メダル取って」ピンチを救った平良に地元・石垣から期待の声

▼【写真特集】沖縄出身プロ野球選手の高校時代 平良、東浜、山川、宮城…

▼五輪でも「ゼロの誓い」21歳平良、豪腕勝負へ

▼プロ野球新記録の西武・平良 意識を変えさせた試合とは

▼オリックス宮城大弥「ごめんな、いつか恩返しするから」苦しい生活、誓った少年は…

▼150キロ台右腕 初戦で散る 平良(八商工)

 



関連するニュース







  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス