社会

ビーチに無許可「食べ放題店」半グレら荒稼ぎ 暴力団資金源か 沖縄県警逮捕

食品衛生法違反容疑

 与那原署と沖縄県警組織犯罪対策課は15日、食品衛生法違反の容疑で、暴力団などに属せずに犯罪行為を繰り返す「半グレ」の男らを逮捕した。男らは南城市佐敷津波古の天の浜で、県からの営業許可を得ずに、焼きそばや生肉の調理などを行い、臨時営業の飲食店を営んでいた。県警によると、男が指定暴力団旭琉会構成員とも関係があることから、売り上げなどが暴力団の資金源となっていた可能性を視野に捜査を進めている。

【動画】コロナ禍、ビーチで荒稼ぎ


不当に占拠し、飲食店などの営業が行われていた天の浜(県警提供)

 逮捕されたのは糸満市潮平の自営業(33)、自称飲食店従業員(29)の両容疑者。県警は「捜査に支障が出る」として、両容疑者の認否を明らかにしていない。逮捕容疑は今年8~9月にかけて、南城市佐敷津波古の天の浜で、県からの営業許可を得ずに、焼きそばや生肉を調理し、臨時営業の飲食店を営んだ疑い。

 

 県警によると、自営業の男が実質的経営者で、飲食店従業員が経理などをみていた。両容疑者は昨年夏ごろから、南城市の天の浜で1人4万円の代金で、マリンレジャーと飲酒を伴う食べ飲み放題のサービス提供を実施していた。これまでの売り上げは数千万円以上に上るとみられている。

 会員制交流サイト(SNS)などを通じて誘客していたという。県警は無許可でマリンレジャー事業も行っていたことから、水上安全条例違反容疑での立件も視野に捜査を進めている。

 県警は15日、南城市知念の倉庫や容疑者の自宅などを家宅捜索し、マリンレジャーで用いていた水上バイクやテントなど数百点を押収。売り上げの流れなどを捜査し、資金が暴力団組織に流れていないかなどの捜査を進めている。

 新型コロナウイルスの感染拡大に伴い、緊急事態宣言で県内の公営ビーチが閉鎖となる中、無許可のマリンレジャーに客が集まったとみられる。




関連するニュース







  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス