政治

沖縄4選挙区に11人出馬へ 衆院選きょう公示31日投開票 コロナ対策や辺野古が争点に

 第49回衆院選は19日、公示される。沖縄の全4選挙区には18日現在、11人が立候補を表明しており、19日午前8時半から立候補を届け出て、31日の投開票に向けて12日間の選挙戦に突入する。新型コロナウイルス感染症対策や経済回復、米軍普天間飛行場問題の解決手法などを巡って論戦が展開される見通しだ。普天間飛行場移設に伴う名護市辺野古の新基地建設に反対する「オール沖縄」勢力、辺野古移設を容認する自民はそれぞれ全4選挙区に候補者を擁立し、1区に出馬する無所属前職を含めて議席を激しく争う構図となる。来年は1月の名護市長選、秋の県知事選など大型選挙が控え、選挙結果は今後の沖縄政局を占うことになりそうだ。

 沖縄1区は共産前職の赤嶺政賢氏(73)、自民前職の国場幸之助氏(48)、無所属前職の下地幹郎氏(60)が三つどもえの選挙戦を繰り広げる。

 沖縄2区は自民前職の宮崎政久氏(56)、社民新人で前北中城村長の新垣邦男氏(65)、維新新人で会社員の山川泰博氏(51)、NHK党新人の中村幸也氏(41)が立候補する。

 沖縄3区は立民前職の屋良朝博氏(59)と、自民新人で元沖縄担当相の島尻安伊子氏(56)の一騎打ちとなる。

 沖縄4区は自民前職の西銘恒三郎氏(67)と、立民新人で元那覇市議会議長の金城徹氏(68)が議席を争う。

 14日の衆院解散から5日目の公示という超短期決戦となる。各立候補予定者は街頭演説や企業回り、支持者を集めた集会などを開催し、前哨戦を展開している。立候補予定者は、届け出後の19日午前、各選挙区内の主要交差点や選対本部事務所付近で、出発式(出陣式)を開き、第一声を上げる。

 県内争点のほかにも、4日に発足した岸田文雄内閣への評価や、9年間続いた「安倍・菅」政治への評価、感染症で落ち込んだ経済の浮揚策なども、有権者から問われそうだ。


 

>>沖縄の立候補予定者の情報をまとめてチェック!衆院選アプリ

>>衆院選関連のニュースはこちら

 

<関連記事>

▼沖縄1区情勢、3氏争い4回連続

▼沖縄2区情勢、基地政策巡り論争

▼沖縄3区情勢、新基地建設で違い

▼沖縄4区情勢、沖縄相と新人対決

◯×△で政策チェック  アイドルらウェブで公開  衆院選、若者の投票率アップへ

#私たちの選挙 衆院選でツイッターと琉球新報などがキャンペーン



関連するニュース








  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス