経済

一銀通りに高級ホテル 23年夏開業予定、パームロイヤル、那覇に

パームロイヤルが那覇市の一銀通り沿いに開発するホテルのイメージ図(同社提供)

 那覇市牧志でホテルパームロイヤルNAHAを運営するパームロイヤル(那覇市、高倉幸一社長)が、市久茂地の一銀通り沿いに新たなホテル開発を計画している。富裕層向けのラグジュアリーホテルとして、総額50億円を投じて地上12階建ての施設を建設する。2023年夏の開業を予定している。

 同社として2件目のホテルとなり、国内外でホテルやレストラン経営を手がけるPlan・Do・See(東京都)が運営を担う。平均客室単価は4万5千円からに設定。ファミリーやビジネス客を想定した同価格帯のホテルが乱立する那覇市内で、ランクを上げて新たな客層の獲得を狙う。

 敷地面積は2007平方メートル、ホテルの床面積は8444平方メートル。客室数は86室を想定する。スタンダードルームは45平方メートルの広さで設計し、60平方メートルのスイートルーム、130平方メートルのペントハウスも1室ずつ用意する。

 洋食や和食、鉄板焼きなど5種類のレストランやバーをつくり、一般客でも利用できるようにする。屋内プールやサンセットルーフトップジャグジー、スパも設置する。

 同社の高倉直久氏は「差別化を図る価格帯で、ハイクオリティなサービスを提供する」と話した。

【関連ニュース】

▼沖縄観光「薄利多売」からの転換 指標を「人泊数」に変える狙いと課題は

▼星野リゾート「都市観光客へ差別化」 那覇の「OMO5」本格オープン

▼人気料理研究家のベリッシモさんら 動画で沖縄の魅力発信

▼美浜の観覧車、修繕や移転、取り壊し検討 京阪電鉄不動産などが取得



関連するニュース







  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス