政治

北谷町長選、渡久地氏が初当選 「オール沖縄」野国町政の継承掲げる

渡久地政志氏

 任期満了に伴う沖縄県北谷町長選が21日投開票され、無所属新人で前町議の渡久地政志氏(42)=立民、社民、社大、共産、新しい風・にぬふぁぶし推薦=が初当選した。無所属新人で前町議の阿波根弘氏(63)=自民、公明推薦=と無所属新人で前町議の仲栄真恵美子氏(69)は及ばなかった。

 4期16年務めた現職の野国昌春氏の後継候補として「オール沖縄」の立場で出馬した渡久地氏。現町政の継承とさらなる発展を前面に掲げ、選挙戦を勝ち抜いた。16年ぶりに新町長が誕生し、県内最年少の首長となる。

 投票率は52・62%だった。前回選挙が行われた8年前の57・95%より5・33ポイント低かった。

 当日有権者数は2万1856人(男性1万233人、女性1万1623人)。投票総数は1万1501票だった。

 渡久地 政志氏(とぐち・まさし) 1979年5月生まれ、町宮城出身。沖縄大卒。2005年の町議補選で初当選し、10月まで5期15年務めた。
 

◆北谷町長選挙得票数(選管最終)

 渡久地 政志(無所属・新人、前町議) 5713票
 阿波根 弘 (無所属・新人、前町議) 3609票
 仲栄真恵美子(無所属・新人、前町議) 2050票
 


 

▼【候補者3氏に聞く】コロナ、教育…訴えたい政策は?

▼「まるでアメリカ!」北谷・美浜の街ができるまで

 

▼玉城知事「お膝元」で「オール沖縄」敗北 どうなる?県内政局

▼【記者座談会詳報】県政への影響は? 辺野古反対の民意に変化は?

▼【深掘り】オール沖縄に痛手…なぜ金秀Gは自民候補支持に至ったのか

 

 



関連するニュース








  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス