社会
沖縄ワクチン情報まとめ

沖縄県内コロナ感染ゼロ ワクチン接種6割超える(11月25日朝)

新型コロナウイルスの電子顕微鏡写真

 沖縄県は24日、新型コロナウイルスの新規感染者はゼロだったと発表した。ゼロになるのは3日ぶりで、今月5回目。米軍関係もゼロだった。

 県疫学・統計解析委員会が23日に発表した実効再生産数(1人の感染者から何人に感染が広がるかを示す数)は本島で0・34だった。県は21日時点の年代別ワクチン接種率も発表した。2回目接種率は12~19歳が60・9%、20代が60・6%となり、初めて全年代で6割を超えた。最も2回目接種率が高いのは70代の93・1%だった。

 県は8月にあった家庭内と事業所のクラスター(感染者集団)2件も報告した。事業所は那覇市内で20~60代の男女12人が感染した。


 

【関連ニュース】

【ひと目で分かる】沖縄のコロナ感染状況 

▼沖縄で集団免疫の可能性「無症状、感染者の16倍」 友知沖国大教授ら分析

▼沖縄のコロナ感染者が減少した要因は? 感染もっと多かった?

▼成田で陽性、そのまま那覇へ…米軍関係者、隔離されず

▼沖縄最大クラスター「感染者9割がワクチン2回接種」は不正確<#ファクトチェック>

▼「ブレークスルー」あってもワクチンは有効だ 医師が訴える理由

 

 



関連するニュース








  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス