社会

オスプレイ、那覇軍港から飛び立つ 沖縄県は中止要請

那覇軍港から離陸するオスプレイ=30日正午ごろ

 米軍那覇港湾施設(那覇軍港)に駐機していた米海兵隊の垂直離着陸輸送機MV22オスプレイ3機が30日午後1時半ごろまでに、同施設を離陸した。米軍は那覇軍港にオスプレイ3機を、米本土に機体メンテナンスのため運び出した3機の代替機として25日に同施設に搬入していた。


 3機は同施設内に駐機していたが、30日午前9時ごろから隊員らがエンジン吸気口のカバーを外すなど、飛行に向けた準備作業を始めていた。県は沖縄防衛局を通じて米軍に飛行させないように求めていた。

 


【関連記事】

【過去の落下事故一覧】ヘリ部品、窓枠、今度は水筒落下…

【事故後の動きドキュメント】米軍、事故後も訓練続行 騒音、深夜まで

▼【動画】街の低空、揺れる物体…普天間オスプレイつり下げ訓練

▼「すごい近い」座間味沖で2機が低空飛行【動画】

▼ボート沈没、自衛官乗り訓練中 燃料切れ、流され浅瀬へ

▼オスプレイからの落下部品 実際は1メートル超 米軍が訂正



関連するニュース








  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス