社会

沖縄コロナ1309人 米軍は前日126人(1月20日午後)

オミクロン株の電子顕微鏡写真(国立感染症研究所提供)

 沖縄県は20日、新たに1309人の新型コロナウイルス陽性を確認したと発表した。前週木曜日の1817人より508人少なくなっている。累計は7万1811人。

 在沖米軍関係は19日に126人の新規陽性者を確認したと報告があった。20日分は集計中。累計は7953人。

 米軍を除いた県内の入院・療養調整中は2011人(前日2028人)、宿泊施設療養は372人(前日323人)、自宅療養は8576人(8774人)、入院は367人(384人)でそのうち重症は前日と同じく6人、中等症は202人。合計では1万1355人が新型コロナウイルスで療養中となっている。

 病床使用率は57.1%と増え、重症者用の病床使用率も35.2%となった。新規クラスターも1件あった。

 保健所別の新規陽性者は那覇市258人▽北部86人▽中部497人▽南部392人▽宮古28人▽八重山41人▽県外7人。

 前日時点での直近1週間の人口10万人当たり新規陽性者数は664.86人。2位の大阪府(302.91)を大きく引き離して全国ワーストが続いている。


【関連ニュース】

▼【ひと目で分かる】沖縄のコロナ感染状況

▼病床使用率は緊急事態レベル…宣言適用に慎重なのはなぜ?

▼「陽性者、見つけた時には家族も…」発症3日以内が8割 オミクロン株、潜伏期間短縮か

▼病院に陽性者から電話続々「逼迫要因、やめて」

▼ドライブスルー形式PCRも予約難 受付開始3分で埋まる…

▼ランチでドライブで披露宴で…沖縄のコロナ感染7例

▼沖縄米軍の感染1カ月で4257人 クラスター1カ月

▼沖縄コロナ、最大900人が「大阪の感染者」扱いに 医師足りず発生届を依頼

▼コロナ急増で献血ピンチ 今月だけでバス出張18件がキャンセル



関連するニュース








  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス