社会

沖縄の指定暴力団「旭琉会」の暫定代表、永山幹事長が就任 世代交代へ足固めか

指定暴力団旭琉会本部

 指定暴力団旭琉会の暫定代表に、幹事長で二代目照屋一家の永山克博総長が就任することが12日までに県警関係者などへの取材で分かった。2019年7月に富永清前会長が逝去し、約2年半にわたり会長が不在となっている。

 2011年11月、富永前会長らが主導する形で、県内にあった四代目旭琉会と沖縄旭琉会が一本化し、「旭琉会」が発足した。富永前会長の死去後、県警は組織運営を巡る新たな抗争の勃発を警戒している。

 関係者によると、北中城村の同会本部で10日、幹部会が開かれ、永山暫定代表の就任が了承。暫定代表を中心に同会の理事や役職を改め、今後の組織運営の足固めをするという。早い段階で理事長などの要職を選任し、組織内の世代交代を図っていくとみられる。

 県警は「情報収集を徹底し、対立抗争の予兆が見られれば、県警の総力を挙げて対処するとともに、県民の安心安全な生活の確保に取り組む」としている。


【関連ニュース】

▼<沖縄の闇社会を追う1>「桜を見る会」に現れた半グレと業界再編

▼<沖縄の闇社会を追う2>「桜を見る会」半グレ参加のカラクリ 解散・実刑の先には…

▼ある社長の闇金「修羅道」(1)…借金2年で60倍、群がる70人

▼ある社長の闇金「修羅道」(2)…警察が動かぬ理由 金主は名士?

▼旭琉会抗争30年、凶弾の行方と「勝者」の独白…

▼【動画】半グレら無許可で食べ放題店 数千万円を荒稼ぎか



関連するニュース







  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス