民間の深海作業支援船か、真っ赤な大型船が那覇軍港に接岸 


社会
この記事を書いた人 Avatar photo 嶋野 雅明
接岸する深海作業船支援船「ピカソ」とみられる大型船=16日午前、那覇港湾施設

 16日午前、那覇市の那覇港湾施設(那覇軍港)に民間の深海作業支援船「ピカソ」とみられる大型船が接岸しているのが確認された。船体を赤く塗った同船は、大型クレーンやヘリコプター離発着用甲板などを装備していた。

 同じ会社の作業船「ファン・ゴッホ」は2019年4月に那覇軍港に寄港していた。この時の寄港は青森県沖で墜落した航空自衛隊のF35Aステルス戦闘機の機体回収の支援とみられていた。

 1月24日、南シナ海で米海軍のF35Cステルス戦闘機が空母への着艦に失敗し、機体が海没していた。今回の「ピカソ」寄港も、同戦闘機の回収作業と関連している可能性がある。


 

▼【動画あり】米軍、那覇軍港での訓練強行 

▼【訓練の様子は】銃を向けて警戒、響くオスプレイの重低音

▼【県と国の反応】知事「怒りを禁じ得ぬ」 国が「中止要請しない」理由

▼【動画】「すごい近い…」座間味沖で2機が低空飛行

▼【動画】街の低空、揺れる物体…普天間オスプレイつり下げ訓練

▼外来機F35ステルス戦闘機が普天間に飛来するのはなぜか?