教育

虐待され衰弱した猫…愛のリレーで命を救う 助けた児童ら5人、保護団体から表彰

児童らによって助けられたホープ(キャッツウォークオキナワ提供)

 【沖縄】沖縄市立越来小学校の児童5人が、市内の西森公園付近で虐待され捨てられた猫を助けて保護団体から表彰された。児童らの対応で命の危険もあった猫は回復し、引き取り手も見つかった。同校で3日、県内で猫と環境などの保護活動を行う「キャッツウォークオキナワ」の中村容子理事長が児童に感謝状を手渡し「大人でもなかなかできない行動だ。みんなの愛のリレーで命が助かった」と児童の行動をたたえた。

 表彰を受けたのは、3年生の阿嘉寿安(じゅあん)さん、高江洲彩音さん、吉村心希(ここの)さん、比嘉優杏(ゆあん)さんと、4年生の寺山紗玖(さく)さん。昨年11月2日、3年生の4人が西森公園近くでビニール袋に入った猫を見つけた。体には塗料のようなものが塗られ、葉っぱや小石も付いていた。

 児童らは自宅からタオルを持ってきて、冷たく震える猫を拭いて温めた。越来公民館に行き、4年生の寺山さんや寺山さんの母・杏奈さんに状況を説明し、助けを求めた。寺山さんらは知り合いのキャッツウォークの新屋逸子さんに連絡し、猫の応急処置を教えてもらった。


虐待され捨てられていた猫を助けて表彰された児童ら=3日、沖縄市の越来小学校

 新屋さんによると、猫は当時生後3カ月半で、体重は2キロほど。「骨と皮だけ」というほどやせていた。翌日、新屋さんが猫を病院に連れていくと、獣医師から「希望を持たない方がいい」と言われたほど衰弱した状態だった。「子どもたちが手を差し伸べていなければ、生きていなかったはずだ」という。

 猫は順調に回復し、新屋さんによって「ホープ」と名付けられた。飼い主が見つかり、4日に東京に渡った。

 中村理事長は「ホープくんに代わって、本当にありがとう」と感謝した。児童らは「助かってうれしい。ホープくんがきれいになって良かった」と笑顔で喜んだ。
 (石井恵理菜)


【関連記事】

▼【写真特集】猫の日にお届け♪読者が撮った沖縄の猫たち(1)2月22日

▼【動画】アオサギのくちばしに釣り糸…豊見城のビオトープで確認 県の救護活動は未定

▼シーサーが守り神?ビッグなパパイヤ1本に10個! 与那原

▼猫だけど「アムロ、お散歩行きまーす」 飼い主の前をさっそうと 沖縄・那覇

▼「出逢えたキセキ」キーちゃん3度目の飛来 今度は載った新聞を見るため?

▼ぐったりミサゴ、壷川駅近くの歩道に 漫湖水鳥センターで保護



関連するニュース







  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス