社会

沖縄・北谷の観覧車を撤去「カーニバルパーク・ミハマ」解体作業9月に終了

北谷町美浜の観覧車=2022年4月3日

【北谷】北谷町美浜のランドマークとして親しまれてきた観覧車などがある商業施設「カーニバルパーク・ミハマ」が、解体作業に入ったことが4日、北谷町への取材で分かった。

 町によると、施設の土地や建物の約6割を取得した京阪電鉄不動産(大阪府)から、3月初旬に解体作業を始め、9月ごろまでに作業を終了する予定と説明があったという。

 渡久地政志町長は「(解体後の)次期計画の話し合いが進んでおり、地元の事業者会などと意見交換をしている」と説明した。

 美浜区自治会の岡村悦子会長は「施設は老朽化していたが、観覧車は町の発展を見守ってきた存在だったので寂しさが残る。次期事業が北谷や美浜を代表するものになるのを願う」と述べた。
 (名嘉一心)

 


【関連記事】

▼アメリカンビレッジのドラゴンパレス アミューズメント沖縄が取得

▼美浜「観覧車」ブルーシート巻き、どうしたの?年末年始の予定は…

▼美浜の観覧車、修繕や移転、取り壊し検討 京阪電鉄不動産などが取得

▼あれ、観覧車暗くない?点灯しているライトは3割だけ

 




関連するニュース







  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス