社会

道の真ん中に「巨石」現る 沖縄・久米島 大雨で学校敷地から転がってきたか 

県道に落ちているのが見つかった約1メートルの岩=7月31日、久米島町西銘

 7月31日午後6時ごろ、沖縄県久米島町西銘の久米島西中学校のそばを通る県道242号に約1メートルの楕円(だえん)形の岩が落ちているのが見つかった。学校敷地内の木の根元にあった岩が転がり落ちたとみられている。

 岩は約30メートル離れた県道の中央線付近で止まっていた。けが人はいなかった。午後7時ごろ、近くの住民がフォークリフトで撤去し、校内の安全な場所まで運んだ。

 町建設課によると、岩は数十年前から同じ場所にあったとみられる。31日に断続的に降り続いた雨の影響で、土砂が緩み転げ落ちた可能性があるという。

 町教育委員会は1日、町内の幼稚園2園、小学校6校、中学校2校に学校設備の安全点検をするよう通知した。
(照屋大哲)

【関連記事】

▼おっと、突然なぜココで? 台風6号が沖縄近海で発生したメカニズム

▼「バネ人間」外間さん、小学生の頭上までジャンプ 沖縄

▼伊江村に2人の女性校長が誕生 両校ともに創立以来初めて 伊江小と西小

▼ヒロインの衣装や台本を展示「ちむどんどん」企画展が開催 国頭村奥間のホテル

▼黄金のクワガタ発見 「金粉個体」なぜこんな色に?マニアの高校生が研究 沖縄・辺土名高校



関連するニュース







  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス