社会

沖縄コロナ4277人、前週から129人の減(8月7日午後)

沖縄県上空

 沖縄県は7日、新型コロナウイルスの新規陽性者4277人(前日5066人)を確認したと発表した。前週日曜日の4406人と比べ129人減った。陽性者の累計は39万3953人。病床使用率は85.0%(前日84.4%)、重症者用の病床使用率は37.1%(同37.1%)。

▼【グラフで見る】かつてない増え方…感染爆発の沖縄 

 米軍関係者の新規陽性者数は39人(前日57人)で、累計は1万9812人。
 県内の前日時点での直近1週間の人口10万人当たりの新規陽性者数は2375.23人で、135日連続で全国ワースト。2位は東京都1642.36人、3位は福岡県1610.47人、全国平均は1183.02人。
 入院調整中は4107人(前日5080人)、宿泊施設療養中は549人(同538人)、自宅療養中は3万4139人(同3万3737人)。入院中は648人(同643人)、うち重症は23人(同23人)。療養中の患者の合計は3万9679人(同4万208人)。
(いずれも速報値)

【関連記事】

▼沖縄県が「BA・5」の対策強化指定地域に 31日まで

▼エアロゾル対策の要は「換気」 コロナ感染予防 アクリル板の向きもポイント

▼「世の中はこんなに活発なのに…」追い詰められる医療従事者たち

▼返却率わずか27% パルスオキシメーターの在庫厳しく、沖縄県が貸し出し制限

▼「日本で最も感染がコントロールできていない」「危機感が見えない」沖縄県に専門家が苦言



関連するニュース







  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス