政治
沖縄の選挙

【候補者顔ぶれ】うるま市議選、定数30に35人が立候補 10月2日投開票

うるま市役所(資料写真)

 【うるま】任期満了に伴ううるま市議会議員選挙が25日、告示された。定数30に対し35人が立候補を届け出た。投開票は10月2日。市選挙管理委員会によると、24日時点での選挙人名簿登録者数は9万9277人(男性4万9230人、女性5万47人)。

 立候補者の内訳は、現職21人、元職2人、新人12人。出身地域別では旧具志川14人、石川7人、与那城7人、勝連6人、沖縄市1人となっている。年代別では30代4人、40代7人、50代9人、60代12人、70代3人。政党の公認を得ているのは自民1人、公明1人、社民1人、共産2人、30人は無所属。

 期日前投票は、市役所本庁舎の選挙管理委員会事務局で26日~10月1日午前8時半から午後8時まで受け付ける。石川保健相談センターと勝連シビックセンター、与那城地区公民館の3カ所で、26日~30日の午前9時半から午後7時まで。

>>全候補者のプロフィルやアンケート結果など詳しい情報はこちら



【関連記事】

▼24市町村議員選の全348議席確定 沖縄・統一地方選

▼沖縄24市町村の議員選挙、投票率は平均62.07% <統一地方選>

▼24市町村議員選、女性49人が当選、14%で割合は過去最高 沖縄・統一地方選

▼【イラストと解説】どんな仕事?報酬は? 議員の姿を紹介【統一地方選】

>>【まとめて読む】沖縄の選挙

 



関連するニュース







  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス