社会
世界のウチナーンチュ大会/The 7th Worldwide Uchinanchu Festival

「またね」ハグで再会誓い ハワイのウチナーンチュが帰国 世界大会の参加者ら

再会を約束し、ハワイへ帰る県系人ら=8日、那覇空港(提供)

 第7回世界のウチナーンチュ大会で帰郷していたハワイ沖縄連合会(デービッド・ジョーンズ会長)の県系人ら約200人が8日、チャーター便で沖縄を離れた。空港には別れを惜しむ人の姿もあった。「また来てね」とハグを交わし、それぞれの帰路へ向かった。

 6年ぶりに開催された今大会。参加者にはさまざまな思いがあった。

 県系2世のヘレン・山内・柳村さん(91)は52年ぶりに来沖し、親戚と再会を果たした。「もう二度と会えないと思っていたから、奇跡のようで心底感動した。まめに連絡して、もう二度とお互いを見失わない」と話した。

 与儀カイラーさん(41)は、来沖6度目にして初めて大会に参加した。「この期間に帰って来られたことに感謝したい。三線を通して離島の文化にも触れられた。また来たい」と語った。
 (比嘉璃子)

 >>世界のウチナーンチュ大会の関連ニュースをまとめ読み!

 

【この記事もオススメ】
▼琉球キングスのコー・フリッピン選手「ウチナーンチュであることが僕の誇り」

▼【動画】「米国初の沖縄県系知事に誇り」 ハワイのイゲ知事、沖縄県議会で演説 

▼韓国アイドル、リーダーは沖縄出身カズタ 男性7人組、n.ssign(エヌサイン)が日韓初ライブ

▼琉装やからじ結い体験に人気 「うまんちゅ大交流祭」、沖縄の歌や踊りの舞台も 

▼空手との出合い「沖縄と恋に落ちた」…ブラジルの「沖縄オタク」が念願の来沖 シルヴァさん

 




関連するニュース







  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス