社会

急病人発生で那覇空港に緊急着陸 マニラ発東京行きのフィリピン航空機 他の便に影響なし

緊急着陸し駐機するフィリピン航空機=23日午後2時、那覇空港

 沖縄・那覇空港の南東約260キロの上空を飛行していたマニラ空港発、東京国際空港行きのフィリピン航空PAL422便エアバスA321型(乗客乗員169人)は23日午後12時12分頃、急病人が発生したため午後1時8分、目的地を変更して那覇空港に着陸した。

 これによる他の航空機への影響はなかった。

【関連記事】

▼那覇空港で2020年に起きた日航機トラブル「部品検査が不十分」 運輸安全委員会が報告書

▼緊急着陸した空自F15がパンク、滑走路を一時閉鎖 民間機の遅延なし

▼全日空の貨物機が那覇空港に緊急着陸 エンジンに不具合か 成田からマニラ向け

 



関連するニュース







  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス